業務紹介

業務紹介

  • 吹替制作

    「吹替」の歴史と共に歩んできた私たちは、多くの「日本語を巧みにしゃべる洋画スター」を世に送り続けてきました。しかしこの「吹替」の制作は、単に外国語を日本語に置き換えるだけの作業ではありません。これは、オリジナルの作品を創る感覚と同じくらいスペシャリティーを求められるクリエイティブワークなのです。洋食を和食に味付けし、箸で食べられるように料理する。原作の味を損なうことなく、日本人好みの味付けをする。この微妙なサジ加減ほど、学問やコンピュータでは表すことのできない技(ワザ)。すなわち、私たちの日本語版制作のノウ・ハウなのです。

  • 字幕制作

    字幕版制作においては、最新機器の導入により、その制作時間は非常に短縮、合理化されてきています。私たちも時代を先取りした設備を完備していますが、「よい字幕」は設備だけではできません。きめこまかい創意が必要なのです。まず、優れた翻訳でなければいけません。オリジナルのしゃべる速さと字幕を読む速さの関係は、約3対1で、その3分の1の文字の中にセリフの100%の意味を凝縮して表現しなくてはならないのです。次に、字幕を「出す」「消す」のタイミングの問題があります。オリジナルのセリフに合わせ、早くとも、遅くともいけない微妙なタイミングは字幕スーパー制作の重要なポイントになります。翻訳はもちろん、このタイミング(スポッティング)も熟練した技術者、すなわち「人」の優れた感覚によってできるのです。私たちは翻訳、きめこまかな校正、スポッティング、そして字幕スーパーの字体などに映画を愛する制作者の「心」を注ぎ込みます。そこにはじめて「よい字幕」が生まれます。

  • ドキュメンタリーの日本版制作

    ドキュメンタリー作品には、政治、経済をはじめ、芸術、文化、歴史、人物、科学、動物、そしてスポーツ、娯楽など、さまざまなジャンルのものがあります。そして、いずれの作品も、単に事実を伝えるだけでなく、作り手の独自の切り口でその事実の背景を深く掘り下げ、視点を前面に打ち出した作り手からのメッセージがこめられています。一方、テレビの受け手---視聴者は、テレビからの情報を何の疑問も抱かず一方的に受け止めていた時代から変わり、今は情報に少しでも疑問があれば、「なぜだろう」と問いかけ、「なぜならば…」の答がないと不満を抱くようになりました。私たちは何らかの手段で、それに答えなければなりません。そのためにドキュメンタリーの日本版制作は、ドラマの場合と違った意味での重要な役割を持ちます。たとえば5時間のものを1時間に編集、構成しなおして作る場合もあります。それでも「事実を正確に」伝え、面白く、説得力のあるもの、そしてなによりもわかりやすい番組を作らなければなりません。このようなことから私たちは、NHKの海外ドキュメンタリー番組をはじめ、数多くの作品を手がけ、関係各方面から高い評価を得ています。私たちは、世界中の優れたドキュメンタリーに日本版という生命を与え、世界の鼓動をお伝えしています。

  • BD・DVD制作

    私たちは映画・ドラマのBD・DVDコンテンツの制作コーディネート業務を行っています。私たちは、吹替や字幕制作のノウ・ハウをもとに、特典映像のローカライズや企画をコーディネートするほか、BD・DVDのオーサリング作業をとりまとめ、コントロールしています。また、メニューやチャプター制作のノウ・ハウを蓄積し、BD・DVDコンテンツメーカー(発売元)が商品化の企画をスムーズ に実現できるように、お手伝いをしています。

  • DCP制作

    私たちは、日本語版及び音響制作会社として、劇場用も含めたワンストップサービスをご提供するために、デジタル・シネマ・パッケージ(DCP)制作業務も行っております。弊社で日本語版や音響を制作した作品を弊社のスタジオでそのまま劇場用のDCPに仕上げてお客様にお届け致します。またドルビーアトモスにも対応したダビングステージで、DCPを上映しクオリティの最終確認をすることができます。

    音響制作

    クール・ジャパンの象徴である日本のアニメーション。国民的なアニメ「サザエさん」をはじめとして、私たちは半世紀にわたり、音響制作を手掛けて参りました。音響制作とは、優れた音響スタッフと魅力的なキャストを結集し、アニメーションに命を吹き込む作業です。私たちは、作品毎に、監督やプロデューサーの意図を的確に捉え、最高の音響スタッフとキャストにより創りだされた音響の力で作品の魅力を高めます。